アトピーと漢方 - 茨木市アトピー専門「悠々堂まき鍼灸院」

大阪府茨木市 アトピー

HOME > アトピーと漢方 > アトピーと漢方

アトピーと漢方

2013年11月06日

【大阪 アトピー 漢方なら 悠々堂まき鍼灸院】

最近の我が国の医療の中で漢方薬の普及には目覚ましい物があります。

健康保険の適用されるエキスはその種類の多寡はともかくとして
どんな病院や診療所にも必ずあるといっても過言ではありません。

それはやはり世の中の情報が増え、ストレスが量・質ともにふくらんでくるにつれ
臓器の病気よりも空間の病気、
あるいはエネルギーの病気よりも
エントロピーが増大することによる病気が増えてくる、と言われます。

アトピー性皮膚炎もこのような病気の中の一つに違いありません。

因みにエントロピーとはこちらを参考になさってください。
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/entoro.html

漢方薬の治療は全体の歪みを是正するあるいは「場」の流れを整える、
あるいはエントロピーを減らす
というところにあるわけですから、同じ薬でも西洋医学で用いる薬とはその働きのメカニズムが違うのです。
だから、漢方薬を投与するときの診断は西洋医学の診断とは異なる
漢方薬独特のものとなります。

漢方薬独特の診断方法は「弁証」とよばれ、全体のゆがみの程度、「場」の乱れ方、あるいは
エントロピーがどのくらい増加しているかということを判断するためのものです。
この弁証は
ハリ・灸や気功の場合もあてはまるということはいうまでもありません。

例えをあげると、体に異常に熱が増えている状態を熱証、
異常に熱が不足している状態を寒証とし、
熱証にたいしては熱を下げる薬を用い、
寒証には熱を与える薬を用います。
だから西洋医学の様に風邪にはPL散、胃潰瘍にタガメット、便秘にプルセニドというように
病名によって薬が決定されるものではありません。

【アトピー 漢方なら 悠々堂 まき鍼灸院】



症状別ページ

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定割引情報


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

ofa-.jpg


電話・メールでのお問合せ

電話: 072-629-1665
メールでのお問合せ
LINEで予約する
「悠々堂まき鍼灸院」へのお電話はこちら
【 電話番号 】 072-629-1665
【 営業時間 9時~20時
【 電話受付 】 8時30分~19時30分
【 定休日 】 日・祝

PageTop

初めての方へ
kindleside.jpg
お問合せ

※下記リンクには各症例の体験談が書かれております(得られる結果には個人差があります)

メニュー
新規予約ご希望の方へ
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」
カテゴリー
会社概要

大阪府茨木市 アトピー専門
「悠々堂まき鍼灸院」


【住所】
〒567-0888
大阪府茨木市駅前3-1-26


【電話番号】
072-629-1665


【営業時間】
9時~20時


【電話受付】
8時30分~19時30分


【定休日】
日・祝


【最寄駅】
JR茨木駅 徒歩5分
阪急茨木市駅 徒歩15分


【駐車場】
有 1台 (事前に電話で確認)


新着記事