脱ステ脱保湿 - 茨木市アトピー専門「悠々堂まき鍼灸院」

HOME > 脱ステ脱保湿

これも保湿になります!

2020年05月18日 [記事URL]

【大阪 茨木 アトピー 悠々堂 まき鍼灸院】

これも保湿!!!!

保湿といえば、保湿剤といわれるクリーム、軟膏、ローション、オイルなどだけと思っていませんか?

当院がお伝えしている「脱保湿」の保湿には
それ以外の多くの保湿があるのです。

塗るもの以外の保湿についてご紹介します。

これは、阪南中央病院の佐藤健二先生が教えてくださっていることです。

1お風呂・シャワー・温泉
潤いを流すだけではなく、保湿にもなります。
全身ぬれますし、
お風呂に入っているときは、痒いことを忘れる、
湯船につかっている時が一番安心できる・・・
等など、お風呂大好きな人、多いです。
カサカサ感がましになり、浸出液もその時は取れて
あったまるので、とても良いと思われがちですが・・・
お風呂上がりの乾燥が大変!
すぐにステロイドや保湿剤に手が伸びますよね。

結局、長湯することで、皮脂を落としてしまい、一層湯上りの乾燥を進めてしまうので
保湿剤を塗らざるを得なくなる、という悪循環になってしまいます。

できるだけ短く、ひどいときには入らない、シャワーは3秒!
入浴は3日に一回くらいとお伝えしています。

長湯を辞めたり、入らなくしたりすると、
「すごく楽です!」と言われています。


2.石鹸・シャンプー
使用後にしっとりするのは界面活性剤の効果です。常在菌も洗い流してしまいますし、
体にもよくないものが多いので、できるだけ使用しない方が良いです。

3.ガーゼ・包帯ぐるぐる巻き
分厚く巻くと、なんだかホワ~ンってなりますよね。あったかいですね。
保湿になりますので、ガーゼなどは1枚あてるだけにします。

4.布団・毛布にくるまる
どうしても寝てしまうのですが、冬などは当たり前にそうなりますが、原則としてできるだけ
薄いお布団、綿生地のタオルケットのようなものが良いです。
ジトっとして、汗が出たりしやすいです。
脱保湿中は特に異常な悪寒に襲われる方もおられますが、
基本的に一日中布団にくるまっているようなことは避けましょう。

5.服
基本、だぼだぼのTシャツ・短パンスタイルが理想です。
締め付けたり、覆ったりのない服が良いです。
通気性の良い服装、ということです。

寒い地域の方や真冬はどーなるんだ?
と思われる方もおられるでしょうけれど、
できるだけ、ということです。

6、タオルを首に巻く
だらだらと浸出液が流れたり、乾燥して傷口が痛かったり、曲げるのもつらいほどのツッパリ感があったりして
見かけも悪くて気になって首にタオルを巻きがちですが、これも保湿です!
首周りの空いた服をできるだけ着るようにしましょう。

7、マスク
とてもあったかいですし、湿ってます。
この度のコロナでマスクが必須になっている今日このころですが、
アトピーの方はとてもご苦労されています。顔に湿疹ができる人が多いです。
ご自宅で過ごされているときなどは、外された方が乾燥します。

8、かさぶたをはがす
これはなぜかといいますと、かさぶたをはがしたら、下から湿った皮膚が出てきますよね。
皮膚表面を柔らかい湿った状態にしてしまうので、保湿になるのです。
かさぶたは乾燥して突っ張って痛みが出るので、無意識で掻いて痛みを避けようとしているようです。
かさぶたははがしたくなりますが、我慢です!

9、浸出液をふき取る
ふき取ることで、新たな浸出液があふれてきますから、保湿になります。
ガーゼ一枚あてた状態で放っておくことが大事です。
特にタオルやティッシュでごしごしは厳禁です。

10、水分をたくさん摂る
皮下組織に水分が溜まって、浸出液の原因にもなります。
水分制限をすることで、乾燥がすすんでよくなりやすいです。

佐藤健二先生の著書による保湿とは

1・皮膚表面の湿り気蒸発や、漏れ出る水分を抑制するものを外用する
2、蒸発した水分が大気中に拡散しないようにする
3.皮膚を操作して乾燥状態に進むのを阻止する

以上、塗る以外の保湿についてでした。


全部一度にできません。
特にマスクをしないことは今では無理な場面は多いです。

できることから始めてください。

これを参考にして、「脱保湿」してアトピーをよくしていきましょう。

【大阪 茨木 アトピー専門 悠々堂 まき鍼灸院】



脱保湿なんてとんでもない・・・

2020年04月19日 [記事URL]

【大阪 茨木 アトピーなら 悠々堂まき鍼灸院】

当院では脱ステロイドと脱保湿を合わせてお伝えしています。

なぜ、脱ステロイドは知っていても、
脱保湿!という方々が多いです。

保湿・・・
本当に多くの保湿剤はあります。
病院だけでなく
ドラッグストアにものすごい量の保湿剤
それもとてもきれいな外観です。

塗ったらきれいになる「感じ」がします
イメージがとても良いです。

女性の本来の欲求である「きれいになりたい」という気持ちに
絶妙に訴えかけてきます。


保湿しなければいけない
という子供のころからの刷り込みもあります

また、お肌に保湿剤を塗ることの
心地よさ、快感があります。

「癒し」です。

それをしてはいけない
となると
特に女性は相当抵抗を感じます。

しかし
塗らないと
最初は乾燥感がありますが
そのうち
お肌が自然に潤うように働き始めます。

必ずそうなります。

本来のあなたのお肌の美しさがよみがえってきます。

保湿しないといけないという
考え方と
気持ち良いという快感の癒しを求める気持ち

それが
脱保湿をするときに
大きな壁になります。

あなたは
どうなりたいでしょう?

今のお肌のままでよいですか?

きれいだったころのお肌に戻りたくないですか?

当院は
あなたの不安や疑問に
お答えします。

今までと違うことをしてみないと
お肌は変わりません

必ず変わります。

あなたの力を信じてください。

お問い合わせ・予約はこちら

https://www.ii-hari.com/form.php

【大阪 茨木 アトピー 悠々堂 まき鍼灸院】



リバウンド~つらいとき

2020年02月14日 [記事URL]

【大阪府 茨木市 アトピー鍼灸 悠々堂 まき鍼灸院】

大学3回生の男の子

顔、特に口廻りにニキビがひどくなって来院

抗菌剤の内服や塗り薬を
阪南中央病院の佐藤先生に処方してもらって
かなり良くなり、このままよくなるかな

とおもいきや、
やはり波が来た

とても頑張り屋さんでこちらの言って事はすべてやる
言った以上にやる
もっともっと早くよくなりたい!
だから、自分に合ったものがもっとないかと
必死で探して
行動する

でも、やはり「波」が来た

「波が来たのはわかってます
今は辛抱の時と知っています
でも、やっぱり
メンタル下がってます

ちょっと疲れたな

って思ってます。」

頭で全部わかっていて

それでも気持ちは下がる
それは当然です

私は聞くだけです

患者さんはひたすら波が去るのをじっと待つのみ
私もその時をじっと待つのみ

見守るだけです

それしかできません

患者さんはただひたすら淡々といつものように
お灸をして、ブラックアイをして、金銀粒をはって

痒みに耐え,
乾燥感に堪え
浸出液に堪え

静かに波が引く時を待つのみ

身体の力をただただ信じるのみ
というか
波がきて
引いていく様子を
じっと見ているのみ

これってでも
まさに自然治癒力じゃないかな

わたしもみまもるだけ
それだけです

難治性アトピーと向き会う
覚悟した人の姿は
本来の人間の力の素晴らしさを
見せてくれます。


【大阪府茨木市 アトピーなら 悠々堂 まき鍼灸院にお任せください!!】




良くなりやすい方、そうでない方の違い

2019年07月19日 [記事URL]

【大阪 茨木 アトピー よくなりやすい人・そうでない人の違い】

いつもアトピーの患者さんを診ていて思います。
脱ステ・脱保湿をしていく中で
良くなっていく人とそうでない人との違いがあります。

それは、
「ストレスの差」です。
一言で言うなら
完全に仕事を休んで脱ステ・脱保湿に専念するとよくなりやすい
仕事しながらだと、よくなりにくい

ということです。

当院は大人の方が多いので、お仕事されていることがほとんどです。
あまりにひどくて休暇を取って、治療に専念します
という方は、こちらの指示通りに治療に来られますし
リバウンドがきつくても家でジーっとしていられますし
浸出液がひどくても、外に出なかれべいいのです。
運動をすることもお勧めしますが、睡眠不足が続いても、夜に人目を避けてすることができます。

でも、お仕事されていたら、きついリバウンドに耐え切れず、ステロイドを使いながら、になりますし
仕事のストレスは減らないので、エネルギーが脱ステにいかないので、体の修復が遅くなってしまいます。
運動がいいのはわかっていても、する時間が全くありません。

学生さんでも、同じで、バイト・学業・塾に忙しい人は、ストレスが高いままなのであまりよくなっていかない傾向にあります。

つい最近も仕事を完全に休業して専念した方がとてもよくなって3か月振りに仕事に復帰できるようになりました。

阪南中央病院に入院を勧められたほどの方でしたが
その方はこちらの指示通り来院
お食事もほぼ低糖質食
1時間の夜のランニング
風呂は入らず、たまにしゃわーのみ
浸出液にはガーゼ療法

で3か月で職場復帰まで改善されました。

完全に治療に専念できる環境があれば、よくなりやすく
今まで通り、仕事や勉強をしながら、という方は、お時間がかかるという傾向が見られます。

参考になさってください。

【大阪 茨木 アトピー専門 悠々堂 まき鍼灸院】



脱保湿って何でしょう?

2019年07月18日 [記事URL]

【大阪 アトピー 悠々堂 まき鍼灸院】

なんで脱保湿なのでしょう?

世間では、赤ちゃんの時から「保湿」してね!
とコマーシャルがいっぱいですし、
もちろん、お医者さんに行っても
「まず保湿!保湿が一番大事!」って言われます。

そんな情報とは真っ向から逆のことを当院では言います。

それはなぜかといいますと・・・

それの答えを阪南中央病院の佐藤先生はこのように言っておられます。

水の中でぶよぶよに膨れた皮膚と乾燥してパリッとした皮膚とでは
どっちが掻いたときに血が出やすいか、わかります?

アトピーで保湿した皮膚は、むくんで膨れた皮膚みたいなもの
深く傷がつき、血が出やすいのです。

先生の患者さんでアトピーが良くならない方がおられてステロイドをやめたけれど、それでもなかなか良くならない

そんな時にずっと縫っていた「アズノール」をやめたらしいのです

そうしたら、すっかりきれいになったのだとか。

それから、やはり、脱保湿が必要だということを確信したとのことです。

☆アズノールは保湿剤で、代表的な商品には、

ヒルドイド、ザーネ、ユベラ、ケラチナミンなどがあります。

【大阪 茨木 アトピー 脱保湿なら 悠々堂 まき鍼灸院にお任せください!】



脱ステ脱保湿の講演会が開催されます!

2019年07月08日 [記事URL]

【大阪 アトピー 悠々堂 まき鍼灸院】

脱ステ・脱保湿したいけれど、一人で大丈夫かな・・・
どんな事に成るんだろう・・・
お医者さんに行ってもステロイド出されるばっかりで、本当に脱ステ・脱保湿って
大丈夫なのかな?

等々、心配な事、わからないことを胸いっぱいに抱えておられる方に
朗報です!

5cc899270daec9cf98d5023566728e68-1.jpg
脱ステ脱保湿を引っ張っておられる4名の先生が
無料で講演会をしてくださいます。
今回は栃木県です。
とても貴重な講演会ですよ。
私は神戸の講演会に行かせて頂きましたが、質問もできますし、
子どもさんお持ちの方もとても気楽に行けると思います。

当院で、なぜ「お医者さんにかかってください」とお伝えしているのかというと
当院にあとぴーを良くしたいと思って来られている方は
当院の方針として脱ステ脱保湿をオススメするのです。
脱ステ脱保湿をしていく中で
ほとんどの方に「リバウンド」が見られます。
「リバウンドとは」今までよりずっと大変な痒み、赤み、湿疹、浸出液
に襲われることがあるのです。
その出かたは人によって全く違うので、予想不可能です。
しかし、ほとんどの方が何かしらのリバウンド症状に襲われます。
その症状はステロイドをやめてあとぴーを良くする段階には必要不可欠な状態なのです。
しかし、この状態は、本当に大丈夫な状態なのか?
と心配な方もおられるし、こちらから見てもそう思う方もおられるのです。

そんな時に「阪南中央病院の佐藤先生に一度かかってください。」とお伝えします。
一度ドクターに診てもらっておれば、点滴や薬、入院がが必要な状態のリバウンドかどうかの判断をしてくれて、
対応してくれるからです。
また、子どもさんなどは、あまりにアトピーがひどい状態で生活されていると
まれに「児童相談所」に通報される場合もあるようです。
「きちんと子供をみていない、世話していない」のではないか?
ということで、です。
そんな時に、きちんとお医者さんにかかっています、ということならそんなことにはならないのです。
ですので、ぜひ、ドクターに一度かかっておく、ということをお伝えしているのです。

ただ、脱ステ・脱保湿していく中で、リバウンドの症状を乗り越えやすく、
体質改善していきやすいのが「鍼灸」なので
ドクターにかかりつつ、鍼灸で身体を改善していくお手伝いをしているということなのです。

【アトピー 脱ステ・脱保湿なら 悠々堂 まき鍼灸院にお任せください!】



ステロイドの副作用ってあるんですか?

2019年06月27日 [記事URL]

【大阪 茨木 アトピーなら 悠々堂 まき鍼灸院】

ステロイドの軟膏はアトピー様症状があって皮膚科に行ったらまず第一選択薬として出されることが多いです。

それはなぜなのでしょうか?

それは、皮膚科の「標準治療」というものがあります。

アトピーの人にはこういうお薬を出す、こういう治療をする、という「ガイドライン」というものがあり

それに一番最初に使うおくすりが「ステロイド」になっているのですね。

しかし・・・このブログを読んでいる人にはよくお分かりだと思いますが

「ステロイド」を塗り続けていても、良くならない、どんどん酷くなる、という事に成りますよね。

そうなんです、ステロイドには、恐ろしい副作用があります。

そんなステロイドの副作用について、徳子さんが詳しく書いて下さっています。

ステロイド副作用はあります

参考にしてください。

【大阪 茨木 アトピーなら 悠々堂 まき鍼灸院】



絶体知っておいてほしいこと~脱ステロイドした方へ

2019年06月15日 [記事URL]

【大阪府 茨木市 アトピー 茨木 悠々堂 まき鍼灸院】

脱ステロイドした方へ

知らないうちに
ステロイドを使用していることがあるのです!!
これは必ず知っておいてほしい事です。

徳子さんのブログ
「絶対に知っておいてほしいこと 脱ステロイドした方へ」

【大阪 茨木市 アトピーなら 悠々堂 まき鍼灸院】



貴方を苦しみから救ってくれる方法は何でしょう?~後編

2019年06月07日 [記事URL]

【大阪 茨木 アトピー 悠々堂 まき鍼灸院 】

アトピーで、ステロイドでも良くならず、どんどん酷くなってしまって
顔・首にも湿疹が出てきて、本当に不安で苦しい思いをしておられる人、また
そんなアトピーで苦しむ方を見守るご家族の方にも
是非、読んでほしい
元CAで重度のアトピーを克服された徳子さんのメッセージです。

【アトピー 大阪 茨木 悠々堂 まき鍼灸院】



貴方を苦しみから救ってくれる方法は何でしょう?

2019年06月05日 [記事URL]

【大阪 アトピーなら 悠々堂 まき鍼灸院】

アトピーの症状で苦しんでおられる人
脱ステロイド・脱保湿しておられるけれど、あまりのリバウンドのきつさに諦めてしまいそうな人
不眠で身体がつらすぎて、日常生活に支障が出てきている人
アトピーで苦しむ家族をみて、同じように、それ以上につらい思いをされているご家族の方


そんな人にこのブログを読んで頂きたいのです。

元氣が出る徳子の部屋

【大阪 アトピーなら 悠々堂 まき鍼灸院にお任せください】

 




 1  2 


症状別ページ

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定割引情報


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ofa-.jpg


電話・メールでのお問合せ

電話: 072-629-1665
メールでのお問合せ
LINEで予約する
「悠々堂まき鍼灸院」へのお電話はこちら
【 電話番号 】 072-629-1665
【 営業時間 9時~20時
【 電話受付 】 8時30分~19時30分
【 定休日 】 日・祝

PageTop

初めての方へ
kindleside.jpg
お問合せ

※下記リンクには各症例の体験談が書かれております(得られる結果には個人差があります)

メニュー
新規予約ご希望の方へ
薬なしでアトピーを克服して大好きな自分になる方法
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」
カテゴリー
会社概要

大阪府茨木市 アトピー専門
「悠々堂まき鍼灸院」


【住所】
〒567-0888
大阪府茨木市駅前3-1-26


【電話番号】
072-629-1665


【営業時間】
9時~20時


【電話受付】
8時30分~19時30分


【定休日】
日・祝


【最寄駅】
JR茨木駅 徒歩5分
阪急茨木市駅 徒歩15分


【駐車場】
有 1台 (事前に電話で確認)


新着記事