小児のステロイドの継続使用は要注意 - 茨木市アトピー専門「悠々堂まき鍼灸院」

電話: 072-629-1665
大阪府茨木市 アトピー

HOME > アトピーと薬 > 小児のステロイドの継続使用は要注意

小児のステロイドの継続使用は要注意

2016年07月15日

【大阪 アトピー 悠々堂 まき鍼灸院】

最近では、食べ物などがバリア機能の低下した肌で先にアレルギー反応が起きてしまうと、

その食べ物を食べたときに激しい食物アレルギーを起こす可能性があるということで

「ステロイドでまず肌を治しましょう」という説明を受ける患者さんが増えています。


それは正しい場合もあり

正しくない場合もあります。


正しい場合はステロイドを塗ってそのまま肌が治った場合です。

正しくない場合というのは

1週間、1か月塗っても「炎症やかゆみがひかない」
「むしろ、だんだんかゆみが広がっている」
「数か月たつが、まだやめられない」
という方で、その後の継続使用は考えたほうが良いといえます。

というのも、
「ステロイドを使うとIgEの数値が上がる(=アレルギーが強くなる)」ことが解っているのです。

小児14名が1か月のステロイド使用で
使用前と比べて1名を除き全員がIgEが増えたという結果が出ています。
2倍近くなった症例もあります。
ステロイドの継続使用で
IgEが上昇することは良く知れた事実なのです。

また、ステロイドの継続使用で皮膚免疫が低下しますので、
皮膚の細菌叢の乱れも重なり
黄色ブドウ球菌などが優位になることが分かっています。

そうなると、黄色ブドウ球菌の排泄物であるデルタトキシンもIgEを増やす作用がありますので
アレルギーを強めてしまいます。

つまり、継続使用をしていくと
「アトピーを治そうと治療していたら
かえってアレルギーを強くしていた」
ということが起きる可能性があり、
実際に長年病院を転々としながら、
同じステロイド治療を繰り返すことで
非常に重い、アレルギーになってる方も多いのも事実です。

ステロイドをちょこちょこっと使って、
知らないうちにそのまま治ったという小児も多くいることも事実です

しかし、一方で長期間使っての症状は悪化しているという小児が多いのも事実です。

後者に関しては深刻で
やはり、ステロイド治療からの離脱はアトピーを治すことにおいて
重要なポイントとなります。

参照~アトピナビ~

【アトピー 大阪なら 悠々堂まき 鍼灸院にお任せください!!】



症状別ページ

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定割引情報


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

ofa-.jpg


電話・メールでのお問合せ

電話: 072-629-1665
メールでのお問合せ
LINEで予約する
「悠々堂まき鍼灸院」へのお電話はこちら
【 電話番号 】 072-629-1665
【 営業時間 9時~20時
【 電話受付 】 8時30分~19時30分
【 定休日 】 日・祝
カテゴリ内の次の記事


PageTop

初めての方へ
kindleside.jpg
お問合せ

※下記リンクには各症例の体験談が書かれております(得られる結果には個人差があります)

メニュー
新規予約ご希望の方へ
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」
カテゴリー
会社概要

大阪府茨木市 アトピー専門
「悠々堂まき鍼灸院」


【住所】
〒567-0888
大阪府茨木市駅前3-1-26


【電話番号】
072-629-1665


【営業時間】
9時~20時


【電話受付】
8時30分~19時30分


【定休日】
日・祝


【最寄駅】
JR茨木駅 徒歩5分
阪急茨木市駅 徒歩15分


【駐車場】
有 1台 (事前に電話で確認)


新着記事