大阪 冷え対策~知らず知らずのうちに身体を冷やしている6つの原因~ - 茨木市アトピー専門「悠々堂まき鍼灸院」

電話: 072-629-1665
大阪府茨木市 アトピー

HOME > アトピーの原因 > 大阪 冷え対策~知らず知らずのうちに身体を冷やしている6つの原因~

大阪 冷え対策~知らず知らずのうちに身体を冷やしている6つの原因~

2015年09月05日

【大阪 冷え対策~知らず知らずのうちに身体を冷やしている6つの原因~】

こんにちは~

秋で食べ物がおいしいですね

ついつい昼間から食べ過ぎて眠くなる

悠々堂 まき鍼灸院 整体師 牧 裕子です。

今日は久々にめっちゃいいお天気で清々しい秋晴れですね~

やっぱり晴れるといい気持ちで気持ちも身体も軽いです

連日のパソコンで身体がだるいのは避けられませんが

昨日の夜、初めて「水素風呂」に入り

お肌しっとりで感動していました。

また、お知らせしますね!!


朝晩涼しくなり、今年こそ、足のしもやけをしないために

冷え対策をスタートしている私です。

冷え症対策と言っても、

どうやって身体を冷やしているのかを知らないといけませんよね

私たちは日常生活で知らない間に身体を冷やしています

そんな「6つの原因」をお知らせします。


1.筋肉不足(特に下半身)
2.夏型の暮らし
3.ストレス
4.入浴法で冷やしている
5.食べ物・食べ方で冷やしている
6.薬の飲み過ぎ


1.筋肉不足(特に下半身)


人の筋肉の70%は下半身にあります!!!

足の裏は「第二の心臓」とも言われています

充分に動かすことで「乳搾り効果」で心臓への血流の戻りも良くなり

全身の血液の巡りが良くなって体温が上昇します

運動不足の毎日では熱産生が減り低体温を招きます


2.夏型の暮らし


1年中、空調の効いた部屋で快適な暮らしができる現代なので

年中アイス・ビール・生野菜など、夏型の暮らしができます。

夏型の生活は基礎代謝が下がります。

熱を作り出すことが少なくなりますね。

ですので、身体は冷えていきます。


3.ストレス


ストレスがかかると緊張のホルモンのアドレナリンが出ます

アドレナリンは血管が収縮して血行が悪くなり体温が低下していきます。

但し、あまりストレスがなさすぎると、ぼけーっとしてしまい

脳の血流が悪くなり脳での熱産生量が減り低体温を招きます。

ストレスはほどほどにあったほうが良いようです

頭脳労働者でほとんど運動をしないのに長生きな人がいるのは

脳活動中に熱産生が促進していると言われています


4.悪い入浴法

最近は冬でも湯船につからずにシャワーで済ます人が多いですね。

湯船にきちんと浸かる入浴法は

全身の血流を良くして内臓の新陳代謝を上げます。

発汗を促して汗が身体から悪いモノも出してくれるので

それも冷えの改善になっています。

5.食べ物・食べ方で冷やしている

・食べ過ぎ
・身体を冷やす食べ物
・塩分制限の悪影響
・水分の摂り過ぎ


6.薬の飲み過ぎ

お薬のほとんどが身体を冷やします

副作用として出る症状が「嘔吐」「じんましん」ですよね

あれは薬で身体が冷えるので

余分な水分を身体から排泄して

身体を温めようとする作用なのです。


5の「食べ物・食べ方で冷やしている」については次回お伝えします


【大阪 冷え対策~知らず知らずのうちに身体を冷やしている6つの原因~悠々堂 まき鍼灸院】



症状別ページ

ホームページをご覧のあなた様へプレゼント!

ホームページ限定割引情報


「ホームページを見た」とお伝えいただくと、下記特典が受けられます。

ホームページ特典

ofa-.jpg


電話・メールでのお問合せ

電話: 072-629-1665
メールでのお問合せ
LINEで予約する
「悠々堂まき鍼灸院」へのお電話はこちら
【 電話番号 】 072-629-1665
【 営業時間 9時~20時
【 電話受付 】 8時30分~19時30分
【 定休日 】 日・祝

PageTop

初めての方へ
kindleside.jpg
お問合せ

※下記リンクには各症例の体験談が書かれております(得られる結果には個人差があります)

メニュー
新規予約ご希望の方へ
鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」
カテゴリー
会社概要

大阪府茨木市 アトピー専門
「悠々堂まき鍼灸院」


【住所】
〒567-0888
大阪府茨木市駅前3-1-26


【電話番号】
072-629-1665


【営業時間】
9時~20時


【電話受付】
8時30分~19時30分


【定休日】
日・祝


【最寄駅】
JR茨木駅 徒歩5分
阪急茨木市駅 徒歩15分


【駐車場】
有 1台 (事前に電話で確認)


新着記事